one table

日々食べ物のお話

和菓子ではなく和のお菓子を考える

f:id:mcake1999:20240514104025j:image

GW中はたくさんのお客様に

イベントやお店に来ていただき

ありがとうございました


bwebwenatoさんでの

『苺菓子の会』や『栗菓子の会』

では必ず1品

和のお菓子を作ります

今年のお菓子は『苺の葛焼き』

和菓子の本道からはだいぶ外れて

おりますが…

葛焼きの中に自家製のセミドライ苺を入れて蒸し少し炙っています

そもそも葛焼き?ってと思って

おられる方もいらっしゃると思いますが…

☞葛焼き(くずやき)とは、葛と餡(あん)を合わせて練り、さらに表面を焼いて仕上げる京都特有のお菓子

f:id:mcake1999:20240514104359j:image
f:id:mcake1999:20240514104402j:image


今回は吉野本葛に白小豆のこし餡と苺のセミドライを加えて蒸し上げ

米粉をまぶして軽くあぶりました

苺のセミドライを甘夏のマーマレードに変えても美味しかったです

 


添えたのは『苺煎茶』

軽めのお煎茶に自家製ドライ苺を浮かべで最後に焙煎玄米を一粒

柔らかくなったドライ苺と焙煎玄米を一緒に噛むと

甘酸っぱさと香ばしさが口の中に広がります

『苺菓子の会』のお客様から

『苺の葛焼き』を販売して欲しいと

1番の人気なメニューとなりました

 


そんなイベントを終えて

先日三五夜さん(煎茶と古美術)

お茶会にお出しするお菓子のご相談

頂きいたり

またまた

別の所から

中国茶に合う冷たいお菓子のオーダー

を頂いたりと

お茶に合うお菓子のオーダーを重ねて頂いて

試作をしています

私の洋の様な和の様な

お菓子を

食べていただく機会が増えるのは

とても嬉しいです

f:id:mcake1999:20240514104848j:image

f:id:mcake1999:20240514104907j:image

 

どんなお菓子に進むのでしょう?

私自身も楽しみです

 



 

 

 

 

 

 

 

『苺菓子の会』無事終了しました

 

f:id:mcake1999:20240506132922j:image
f:id:mcake1999:20240506132925j:image

 

4月27.28.29日

『苺菓子の会』

3日間無事終了しました

 


ご参加の皆様ありがとうございました

ゆっくりしていただけたでしょうか?

大きな古民家のお屋敷で

新緑のお庭

看板娘のみこちゃんに癒されながら

お一人でボーっとするのも良し

おしゃべりが弾むも良し

今年も無事に終えられた事

bwebwenatoさんご夫妻に

支えられての3日間

感謝いたします

 


『苺菓子の会』

〜Course Menu 〜

◯ モクテル 苺ビア

苺のピューレをノンアルコールビールと合わせたカクテル

◯一の皿

苺の葛焼き       ドライ苺の煎茶付き

◯二の皿

苺のマティーニグラスパフェ

苺とパインコンポート

ココナッツムース

抹茶ソース

◯モクテル 苺シロップと

シトラスミックスのカクテル

苺とトマトのサラダ

~メープルドレッシング~

◯三の皿

苺のアシェットデセール

苺のパブロバ、苺の杏仁アイス

苺とチェリーのゼリー

古都華 他

◯珈琲 エチオピア(自家焙煎) }

 紅茶 キームン or ラプサンスーチョン

お1つお選びください

 

f:id:mcake1999:20240506133054j:image
f:id:mcake1999:20240506133104j:image
f:id:mcake1999:20240506133058j:image
f:id:mcake1999:20240506133101j:image

f:id:mcake1999:20240506133313j:image

 

ご参加の皆様から綺麗な写真をたくさん頂きました

ありがとうございます😊

 


ご参加の皆様の

記憶に残る1日でありますように

願っております

 




 

 

 

 

 

 

 

春の手仕事 筍と蕨

f:id:mcake1999:20240418120017j:image
f:id:mcake1999:20240418120013j:image

 

産直市場に並び始めました

筍と蕨

暖かくなって一気に春の食材で

いっぱいです


いつから

筍や蕨を生からアク抜きするように

なったか覚えていませんが

今の時期ならでは

水煮にはない香りや食感に

毎年一回は頑張って作ろうと思うのです

 


筍や蕨の生は必ずアク抜きして

火を入れなけれはいけません

それと

美味しくつくるには

新鮮な物を選ぶこと

採れたて!これに尽きます

産直市場は新しいのは

間違いないですが

さらに

たくさん並んだ筍や蕨の中から

どんな物を選ぶかによって

ぜんぜん美味しさが違います

山に入って取ってくるのが1番☝️ですが

それでも

個体差は著しい

 


筍は小ぶりな皮の色が薄い茶色のもの

穂先が黄色な筍

全体がベージュな感じ


蕨は穂先が開いていなくて

やや細め

産毛がたくさん生えているもの

 

 


基本

▷筍は家庭でつくるなら小さめの方が

茹でやすいし柔らかく仕上がります

大きく成長すればするほど

アクも強くなります

▷蕨も太くて短い物が良いですが長さはカットして売られているのであまりあてにならず

それより切り口が黒く変色していないものを

火を入れやすいのは

細めの物が良いように思います

売っている物ならなるべく太さが均一な物を選びましょ

 


私好みなら

新筍なら若竹煮

新蕨なら鰹ポン酢の和え物が

1番☝️かなと…シンプルにあまり手をかけず

……とりあえずアク抜きで手間をかけている分

料理には手間をかけたくないが

ホンネ🤣

 

 

 

m-dish99.hatenablog.jp

 

 

2024 『苺菓子の会』のご案内です

f:id:mcake1999:20240401004038j:image

f:id:mcake1999:20240401004044j:image

ご案内です

MCL

『苺菓子の会』 

 


卯月 新緑の頃

大きな古民家の窓を開け放し

明るい日差しを入れたお部屋で

苺を使ったお菓子をコース仕立てでゆっくり味わっていただけたらと當麻寺参道にあるbwebwenatoさんにてお席をご用意いたしました。

築190年の古民家のゆっくりと流れる時間を味わって頂ければと思います。

 


毎年 春と秋 お菓子を使ったコース

の会をはじめて丸4年目となりました

『苺菓子の会』

今年は2種類のモクテル

(ノンアルコールカクテル)

3つのお皿をご用意する予定です

ゆっくりと流れる大人の時間を

お一人でも良し

おしゃべりしながらでも良し

どうぞお楽しみくださいませ

 


写真のお菓子と異なる場合がございます。。ご容赦を🙇‍♀️

 


◯開催日 2024.4.27.28.29日

 


◯時間  13時〜15時

 


◯場所 てらこやかふぇbwebwenato(駐車場あり)

(奈良県葛城市當麻181)

近鉄南大阪線当麻寺駅」下車徒歩7分

 


◯駐車場ご利用の有無は予約時にお知らせください。台数に限りがありますので、各席1台は優先させていただきます。(近隣に観光駐車場やコインパーキングはあります)

 


◯内容 

苺を使ったお菓子のコース

今年は2種類のモクテル

(ノンアルコールカクテル)

3つのお皿をご用意する予定です

 


使用する苺ピュレやシロップなど

全て手作りした苺の素材を使ってお菓子を仕上げてます

 


◯料金  4000円

(大変申し訳ありませんが

お子様用のメニューとお席のご用意はできません。

未就学児童をお連れになった場合は料金が発生する事をご了承くださいませ)

 


◯完全予約制となります。

尚、ご予約は

4月   6 日( 土)    10 時〜

受付け開始いたします。

 


ご予約の際は

①代表者様のお名前

②人数

③第一希望日

④第二希望日

⑤駐車場ご利用

をご記入の上

  @bwebwenato_

様のDMまでお願い致します。

 

 

 

メニューにはリキュールやハーブを使ったメニューがございます

除いたメニューは提供できませんので

ご本人やお子様のタブーを考慮の上

ご参加をご検討ください

 


ご質問などございましたら何なりと

お尋ねくださいませ。

皆さまのご予約をお待ちしております🙇‍♀

 

f:id:mcake1999:20240401004056j:image

 

 

4月アトリエのスケジュールです

f:id:mcake1999:20240401091644p:image

週末喫茶をオープンして

まる3ヶ月…

バタバタしすぎて足を怪我したり

キッチンの引越しが上手く出来なくて

夜中まで作っていたり

お客様の入りがなかなかつかめなくて

余ったり早い時間になくなったり

バタバタの3ヶ月

お店を開いたら仕入れがとか

売り上げがとか

考えることがたくさんあるけど

自分達の作ったものを食べて飲んで

嬉しそうに帰ってくださるお客様を見て

やって良かったなぁ

が一番の感想です

感謝🙇‍♀️🙇‍♀️